厄除・方除・雷除・初宮参り・誕生祭・七五三参り・十三参り・成人祭・歳の祝い・家内安全・商売繁盛・安産祈願・身体健康・合格祈願・病気平癒・心願成就・交通安全など

お子さまが生まれて初めて神社にお参りする「初宮参り」は、地域によってやや異なりますが男の子は生後31日目女の子は生後33日目に参詣される場合が多いです。
お子さまが無事に誕生したことの報告と御礼を神様に申し上げ、お子さまの健やかなる成長をお祈りします

七五三詣は、昔、武家社会に於いて男女児共に3歳になると「髪置」という儀式を行いそれまでのおかっぱ頭から髪を伸ばし始めます。 男児は5歳になると「袴着」という儀式を行い初めて袴を着させます。
女児は7歳になると「帯解」という儀式を行いそれまで用いていた付け紐を取り大人と同じ帯を締めます。
現代の様に医療技術がなかった昔はその折々の成長を神様に報告しこれまでの御加護に感謝するとともにさらなる成長を願ってきました。

京都では古くから、数え年で13歳を迎えた男女が旧暦3月13日(新暦では4月13日)神社に参拝する習わしがあります。今日では子供の多福・開運を祈って、小学校を卒業して、中学校に入学するまでに詣でることが多く、智恵を授かるといわれています。

昔は子供から大人の仲間になる為にはある種の通過儀礼を受けなければならず、武家社会に於ける「元服」の儀式をして、一人前の大人となるための通過儀礼が存在していました。今日では行政機関主催により「成人式」が行われ、「成人」を祝っています。
成人奉告の御祈祷は、大神様に成人した由を御報告すると共に、親への感謝と、社会人としての自覚と責務をはたしてゆくことを神様に誓う祈祷です。

数え年で、61歳「還暦」、70歳「古希」、77歳「喜寿」、80歳「傘寿」、88歳「米寿」、90歳「卒寿」、99歳「白寿」などがあり、節目ごとに長寿を御祝いするとともに、神様のご加護に感謝し、なお一層の健康と長寿を祈願します。

願い事を、一週間毎日御祈願申し上げます。備え付けの申込書に必要事項をご記入の上、初穂料を添えてお申し込み下さい。初穂料 30,000円以上

新年を迎えるにあたり、身体健康・家内安全、会社又は団体の社運隆昌・商売繁昌・業務安全等を御祈祷申し上げ、一年間の平安をお祈り致します。

元旦から1月5日までのお正月に限り御本殿大前にて特別祈祷を行います。
本殿特別祈祷では巫女による『賀茂の舞』を奉奏致します。
初穂料30,000円以上

(起工式)家屋・会社等新築工事の着工に先立ち、その土地の四方を祓い清めて工事の安全を祈願します。

地鎮祭(起工式)終了後、工事が半ば進んだ吉日に棟上げし、棟木に棟札を取り付け、残りの工事の安全と無事完成を祈願致します。

一連の建物が無事完成したことを奉告しそこに住む人の家内安全と建物が長く保持できることを祈願致します。

長年住み慣れた家屋・会社を取り壊す際、また井戸、台所など水回りを改修する時に神様に奉告し感謝して、安全を祈願致します。

竣工祭とほぼ同じですが、中古物件、マンションなどにお住まいになる前や、その他諸々のお祓いを行います。

*神葬祭は通常の出張祭と異なるため、直接神社までお問合せ下さい。